家の写真 家の写真

快適な住まいへ「劇的変身」「性能向上」リノベーション

思い出に新たな価値を加え、これからもずっと大切に住み続けるためにリノベーションという方法があります。
「住み慣れて愛着があるお家を残したい」という方のお気持ちに寄り添いながら、さらなる住み心地をプラスいたします。
IKEHOUSEは、それぞれの家族にしかない【唯一無二の思い出】をお家と共にずっと守るお手伝いをしたいと考えます。

快適な家づくりに欠かせない「断熱性能」「換気・空調(空気環境)」。
弊社社長の自宅のリノベーションを実例として紹介します。

Before工事前の仕様と暮らし

 
  • 気密性能

    特別な気密工事を行っておらず、すき間が多いため夏は暑く、冬はどこかのドアが開いているかのように寒かった。暖房効率も悪かった。

  • 断熱性能

    新築当時の断熱材はグラスウール厚み5cm。断熱層が薄いため外気の影響を受けやすかった。朝起きると吐く息が白いこともあった。

  • 換気・空調

    換気口は外気を直接取り込む当時の一般的なもの。外気の暑さ寒さをそのまま取り入れる仕組みだった。空調はエアコンを使用。

  • 窓は単板タイプの窓ガラスであったため夏は暑い空気が入り、冬は冷たい空気の影響を受け、結露も発生していた。

  • 内装仕上げ

    床は当時一般的な使用のフローリング材。冬は床下の冷気を受けやすく、素足だと冷たく、特に寒がりの奥様は足元から冷えてしまう状況だった。

After工事のポイントと工事後の暮らし

 
  • 外装(屋根・外壁)

    太陽光発電(10kw)を取り入れてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)仕様に。屋根は河原からガルバリニウムに変更。外壁は既存のサイディングを塗り直し。

    外装(屋根・外壁)
  • 断熱材

    壁、屋根裏、床下に性能のいい断熱材・硬質ウレタンフォームを吹き付けた。その厚さは約15cm。家をすっぽり包み込んだので外気温の影響は少ない。

    断熱材
  • 内装

    床はナラの無垢材、壁はウッドチップクロスに漆喰塗料を塗ったもの。アレルギー体質の子どもたちの部屋は、より体に優しい漆喰塗りにした。

    内装
  • 窓はすべて樹脂製サッシのペアガラスに変更した。樹脂製サッシは北欧や北米など寒い地域で普及しているもの。結露もなく、窓からの熱の移動も少ない。

    窓
  • 換気・空調

    給気と排気を機械で制御する第1種換気システム「澄家」と、半埋め込み式の空調機能を採用。床上、床下の両方を温め、床暖房のような暖かさを実現。

    気・空調
  • 基礎

    基礎を補強して耐震性をアップ。また土間コンクリートを打設して床下の蓄熱効果を上げたとともに、断熱材を施すことによって床の冷たさを感じることがなくなった。

    基礎

Completion完 成

完成

樹脂製ペアガラス、床、壁を一新し、キッチンも新しくした対面式のLDK。今では暖かくて奥様も喜んでいます。

完成

外壁は既存のサイディングを塗り直した。鮮やかなブルーグリーンが目を引きます。

完成

主寝室の奥に奥様専用のウォークインクロゼットを新設。着物も収納できます。

完成

2階にある子ども部屋。アレルギー体質であるためこの部屋だけ漆喰塗りにしています。

 27年前に社長自らが設計した私邸です。リノベーションから3年経った現在、とても暖かく快適に暮らしています。リノベーションでは基本的な間取りはほとんど変えていません。変えたのは2階の主寝室に奥様専用のウォークインクローゼットを設置したこと、将来寝室に上がれなくなったときのことを考えて、1階和室を洋室に変えたこと、2階のホールに家族共用の本棚を造作したところです。
 また断熱性・気密性を上げたおかげでリビングに置いた埋め込み型エアコン1つだけで家中が暖かいです。特に社長以外の家族が女性ばかりのため、とても喜んでいます。「これから歳を重ねていくのですから、体に優しい家でないと」と社長は話しています。

Example事例ギャラリー

  • ビフォー
    アフター
  • ビフォー
    アフター
  • ビフォー
    アフター
  • ビフォー
    アフター
  • ビフォー
    アフター
  • ビフォー
    アフター

Point性能向上リノベーションのポイント

 
  • リノベーションの必要性は?

    築年数、予算、既存の家に対する愛着にもよりますが、築20年過ぎならリフォームした方がいいケースが多いです。40年以上だと建物の状態を総合的に考えて、建て替えた方がいいと思います。
    それと「自分たちはいつか歳をとる」ということを考えることも大切。20年後、30年後の体力、家族構成、地域のことなどを想定して、間取りや素材、断熱を考えましょう。

  • 注意するポイント

    建物全体の性能を上げなければ熱効率が悪くなります。部分的にするのではなく、家の体積に合わせた断熱性、気密性を上げて、空調と換気の組み合わせによって住宅性能を上げることが大切です。
    間取りを変えるだけより、このように性能を向上させるためにお金をかけた方が、長い目で見るといいのではないでしょうか。またそうした知識と技術のある工務店を選ぶことも重要です。

  • 予算は?

    この実例の住宅性能を目指すフルリノベーションで坪50万円が相場です。一般的な延べ床面積30坪の家ですと、1,500万円ほどかかると思っていいでしょう。ちなみに同じ条件で新築の家を建てるとなると2,000万円以上はかかることを知っておきましょう。
    この実例では1,500万円相当と太陽光発電に200万円かけ、工期は約3ヵ月でした。

  • リノベーションと新築はどちらがいいでしょうか?

    実家や古民家などを「残しておきたい」と思う方も多く、当社でも「新築か、リノベーションか」というのは1番多い質問です。迷われて当然だと思います。もちろん性能的には新築の方がいいのですが、住み慣れた家への思いや使い勝手、家の状態、予算によってはリノベーションでいいと思います。
    それでも十分住宅性能は上がりますし、さらに30年くらいは家の寿命は伸びるはずです。

  • フルリノベーションしないと性能は上がらない?

    例えば高齢者がいる家であれば、平屋的にすむことを前提にして1階だけの性能を上げることはできます。その際、ヒートショックの予防として脱衣室(洗面室)、バスルームの断熱性能を重点的に高めたいものです。
    また窓だけをペアガラスやインナーサッシに変えるという方法もありますが、やらないよりマシというレベルなので、やはりフルリノベーションが理想的です。

家の性能は家族の健康や光熱費などにも響くもの。
また住まいが快適になると家族の笑顔が増えることは間違いありません。
自然素材を使った快適空間を目指しましょう。