家の写真 家の写真

家族に安心を与える自然素材漆喰の家

 漆喰は炭酸カルシウムや海藻のり、スサを主成分とした建築材料です。防火性、耐久性に優れているため古くから城郭や寺院、商家や民家、土蔵などの内外壁の上塗り材として、また屋根瓦の固定用などに、幅広く用いられてきました。
 漆喰の原材料となる石灰岩は、サンゴや貝、化石などが堆積したもので、それは微細な多孔構造になっています。そのため吸湿・放温効果があるため、漆喰は「呼吸する壁」との異名を持っているほどです。また漆喰自体に固まる性質があるため、接着剤が不要です。住む人の体に優しく、メンテナンスも簡単な自然素材と言えます。

結露しない!
「調湿性」

安心を積み重ねる「耐震・耐火」

漆喰は微細な多孔質の素材であるため優れた吸湿・放温性があります。室内の湿度を適度に調整することで結露を防止します。建物の耐久性を維持できます。湿度の高い夏は湿気を吸い込み、乾燥した冬は湿気を放出し心地よい室内環境を作ります。

汚れが付きにくい!
「防汚性」

快適を積み重ねる「夏涼しく・冬暖かく」

 漆喰の成分である炭酸カルシウムは静電気を貯めない安定した物質です。そのためホコリがつきにくいのが特徴です。またシックハウスの原因と言われるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を吸着し、分解します。

高い安全性!
「安全性」

自然を積み重ねて「永く住む」

 漆喰はクロスなどと違って科学接着剤を必要とせず、漆喰自体が空気中の二酸化炭素と科学反応を起こして固まります。そのためシックハウス症候群の原因の一つであるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を放出することはないです。

ダニ・カビに強い!
「防菌性」

快適を積み重ねる「夏涼しく・冬暖かく」

 漆喰は強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌性能があります。主成分の消石灰の作用により、殺菌の生育、増殖を抑え、ダニ・カビの発生を防止できます。ちなみに殺菌のために使われている石灰は漆喰と同じ作用です。

火に強い!
「耐火性」

自然を積み重ねて「永く住む」

 漆喰は建築基準法第2条9号基準に適合。ほとんど無機の不熱製素材で構成された防火材です。燃えても化学建材のようにダイオキシンなどの有毒ガスを発生することもないです。昔の城や蔵が漆喰を使っているのは火に強いからです。

お手入れ簡単

快適を積み重ねる「夏涼しく・冬暖かく」

 ちょっとした汚れは消しゴムで消すか、カッターナイフやサンドペーパーで削ると消すことができます。また全体的に汚れた場合は薄めた漆喰ローラーを塗るときれいになります。漆喰の壁には自然な風合いがあるため、経年変化しても飽きがこない素材です。